おおらかで華麗な上絵付けされた陶芸家 松田百合子の器

 当店では、富士山麓の林の中、窓からは自然を感じ、季節に移ろう草花を楽しめるアトリエから生まれる陶芸家 松田百合子さんの湯呑やコーヒカップなどの器を取扱いしております。

九谷五彩とよばれる、赤・黄・緑・紫・紺青と金彩を使って、独自の色使いと絵模様で、おおらかで華麗な上絵付けされた色絵磁器です。上絵を見ながら、心休まる、ほっとするひと時をお過ごし頂ければ幸いです。

                             店主 齋藤太佑・美貴子

色絵機器をふだんに使っています。

私たちは、毎日幾度となく使う湯呑ですから、少し贅沢して松田百合子さんの赤い器と青い器をふだんに使っています。

九谷風の伝統を踏まえつつ、おおらかで華麗な模様の青い器は見ているだけで心が落ち着き、余白を生かした赤い器は心がゆたかな気持ちになります。
口縁についているワンポイント金彩が、器全体を引き締め、より上質な雰囲気を醸し出しています。



 

器全体が波打っていて、手に馴染み、手のひらの中に収まるときの感触と温もりが心地よく、折り返された口縁も優しい口当たりでたいへん気に入っています。
食卓に彩を添える湯呑を使い始めて、今年で5年目になります・・・

 

新着情報

2017年01月01日
松田正柏展が開催されています。